忍者ブログ
HOME   »     »  被災した時、ペットを迷子にしないために: マイクロチップご存知ですか 動物  »  被災した時、ペットを迷子にしないために: マイクロチップご存知ですか
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2019 .09.19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

マイクロチップを埋め込む手術。
聞いただけでなんか痛そう…。

そんなイメージを抱いていたので、わが家の2歳の愛犬にはまだマイクロチップを埋め込む手術を行っていません。

が、先日取材をさせて頂いた獣医さんに、マイクロチップの手術のことを伺って、目からウロコだったので共有させて頂きますね。






実は、マイクロチップの手術はものの数秒で終わるくらい簡単な手術なのだそうです。
切ったり縫ったりは一切なしで、ふつうのワクチンの注射より、ちょっと大きい注射でちょこんと埋め込むだけだそう。

恥ずかしながら、どんな施術内容なのか知らず勝手に想像して怖がっていました。
皮膚を切ったりする手術は必要なかったんですね。

そうは言っても、マイクロチップってそんなに小さいの? どんな風なの?
そう思いますよね。私も思ったので、画像を探してみました。

マイクロチップの有用性と画像の載っているサイトはこちら。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html


チップは1センチくらいなんですね。


マイクロチップの手術をしておけば、万が一ペットと離れ離れになってしまった際に、専用のマイクロチップ読み取り機で情報を読み取り、照合することで、自分のもとに戻ってくる可能性が高くなるそうです。


今度かかりつけの動物病院さんに行ったときに、相談してみようと思いました。

PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30