忍者ブログ
HOME   »     »  おくすりカレンダーがそのまま出てくる分包機 医療  »  おくすりカレンダーがそのまま出てくる分包機
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .10.19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

少し前の話になりますが、鹿児島で開催された第48回日本薬剤師学会に行ってきました。
学会に行くと、企業ブースを回ってみるのも好きな私なのですが、ひとつおもしろい医療機器があったのでご紹介します。

それは、お薬の飲み忘れ防止のために壁に掛ける「おくすりカレンダー」そのものが、一包化の機械から出てくるというWindyさんの調剤マシンです。(まだ開発中とのこと)

 

どういうことだ? と思いますよね。
私も、ブースのスタッフさんに呼び止められたときに「???」と思いました。

よくよく説明を伺ってみると、こういうことでした。

1)お薬をシートのままカセッターにセットする。
カセッターは写真の上、1~12と書いてある白いところ。
12剤以上あるときは、どうするのか???
発注先にあわせてカスタマイズできるようになるのかもしれませんね。
ちなみに、シートのままの全自動一包化マシンのように、1剤ずつにあわせたカセットの発注は不要。アダプターでシートの形に合わせられるとのこと。

2)お薬が服用時点ごと、日にちごとに全自動で分包される。
例:タテを曜日(月~日)の7マス、ヨコを朝・昼・夕・寝る前などに設定。
※処方箋のデータと分包機の動きが連動しているので、薬剤師は必要な薬をカセッターにセットするだけ。
あとは自動的に、レセコンからのデータにしたがって、分包機が一包化をはじめてくれる。

3)1週間分をまき終ると、シーリングされて1週間分のおくすりカレンダーが出来上がる。

4)そのまま患者さん宅へ持って行く!

と、こんな便利なマシンなのだそう。

カレンダー部分や、シーリングをどのようにするかはこれから開発を進めていくそうですが、一包化のマシンはここまで進化していたのですね・・・。

PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31