忍者ブログ
HOME   »     »  iPS細胞の「i」を小文字にしたのは米アップル社の「iPod」のまねらしい 医療  »  iPS細胞の「i」を小文字にしたのは米アップル社の「iPod」のまねらしい
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .09.26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です


日本経済新聞2011年9月20日「ニュースがわかる」の記事にiPS細胞に関するQ&Aが掲載されていた。

そのひとつに、
(以下、引用)

Q:iPS細胞とは

A:体を構成する多種多様な細胞に成長(分化)する能力を備えた万能細胞の一種です。
京大の山中教授らが世界で初めて作製に成功し、「人工多能性肝細胞」と命名しました。

「i」は「人工的に誘導された」、「P」は多様性、「S」は幹細胞を意味する英語の頭文字。
米アップル社の「iPOD」をまねて、「i」を小文字にしたそうです。

(引用おわり)

といった記載があった。

こんな由来があって、iPSという名前がついたんですね・・・。

さて。

これは余談で今回の記事の話題は、「魔法の遺伝子」といわれる「Glis1(グリスワン)」だ。

これまで発がん性のリスクが懸念されていた「山中因子」という4個の遺伝子と「Glis1(グリスワン)」を一緒に皮膚の細胞にいれてみたところ、がんのもとになると考えられる不完全な細胞が死滅して、完全なiPS細胞の作業効率が4倍以上に向上したのだという。

この「Glis1」を使うことで、iPS細胞を臨床で使用する際に問題となる発がんの危険性を大幅に低減できるようになったとのこと。

PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Trackback URL

Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30