忍者ブログ
HOME   »     »  妊娠できる卵子は年に3、4個だけ!? 取材・おしごと  »  妊娠できる卵子は年に3、4個だけ!?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2018 .11.15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

不妊治療について取材をしました。




それで驚いたのが、健康な女性でも、一年間に排卵される卵子のうちで妊娠できる可能性をもった良い卵子はたったの3個から4個だということ。
不勉強で、毎月妊娠のチャンスがあるのだと思っていました。

不妊に悩む方は、この良い卵子の排卵がさらに少なくなってしまうため、1年のうちで妊娠出来る可能性がうんと低くなってしまうというわけです。

この可能性を高めるために行うのが、人工受精や体外受精です。

どう違うのかというと、人工授精は良い精子を選別して受精をさせます。
一方の体外受精は、良い卵子選びだして受精させます。

妊娠の可能性は体外受精の方が高く、治療にかかる費用については、病院にもよりますが、人工授精にくらべて10倍くらい高価になり、1周期で40万円ほどかかるそうです。
今は地方自治体によっては、助成金なども出るようですね。

こうして経済的なサポートの制度が少しずつ整ってきているのにも関わらず、治療をしている女性たちを悩ませている原因として、配偶者、義父母、職場の同僚など周囲の人たちの存在が相変わらず存在しているようです。

ストレスが妊娠をしづらくしているというお話を取材を通して何人もの方から聞きました。
嘘みたいですけど、プレッシャーやストレスから解放された途端、子供を授かったという方が多いのです。

具体的にどうすればいいのか案が浮かばないのですが、治療を受けている方にストレスを感じさせないようにサポートしていけたらいいですね。
PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30