忍者ブログ
HOME   »     »  「ああいう方は褒めればいいのよ」―ちょっと困った患者様を軽くいなす83歳の患者様 薬局  »  「ああいう方は褒めればいいのよ」―ちょっと困った患者様を軽くいなす83歳の患者様
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .10.19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

混雑してきた薬局内。

にもかかわらず、薬剤師をつかまえてずっと長話を続けているちょっと困った患者様Aさん。

他の患者様は、すこ~しイライラし始めています。いやな雰囲気です。

 
さあ、困った。




と、思っていたら。

「お元気そうでいいわね。私なんてもう、あと何年生きられることやら」

Aさんに、ゆっくりと話しかける女性の患者様がいました。

急に話しかけられて驚くAさん。
でも、もともとお話好きなので、すぐに会話が始まります。

「なに言ってるの。元気じゃないからこんなところに来てるんでしょ。あなたおいくつ?」

「私は83歳。あなたは?」

「私は79歳」

「あら、お若くていいわね」

「なに言ってるの。家じゃばばあ扱いよ」

ぽんぽんお話が弾むこと!
しかも、会話の最中にたくさん褒められて、Aさんは気分が良さそうです。

すっかり機嫌よくなったAさん。
いつもはもう少し薬剤師相手のお話が続くところなのですが、今日はすっきりした表情で満足そうに席を立ちます。

「お互い元気でがんばりましょうね」

とAさん。

「ほんとにね。お元気でね」

Aさんは初対面である83歳の患者様と、まるで旧友のように挨拶を交わし、薬局を出ていきました。

その後ろ姿をにこにこ見守っていた83歳の患者様ですが、Aさんの姿が見えなくなると、おっとりしたおとぼけ風だったキャラ(?)を一変させ、茫然と立ちつくす薬剤師に一言。

「ああいう方はね、褒めてさしあげればいいのよ」

気分を良くさせれば話を切り上げるの。

ぴしゃっと言いました。

薬局スタッフ一同(きっと居合わせた患者様も)、心の中で拍手喝采していました。

なんとも粋な患者様でした。
PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31