忍者ブログ
HOME   »     »  薬代のために生活費をカット!? 医療  »  薬代のために生活費をカット!?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .11.18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

高額の薬代を支払っている患者約1000人が回答した全日本民主医療機関連合会のアンケートで、半数を超える人が医療費や薬代を払うために生活費を削ったり、貯金を崩したりしていることが明らかになったという。
薬代を払うために借金をしたという回答も14人にみられたそうだ。

たとえば、くちびるにヘルペスができたときに服用する抗ウイルス薬のバラシクロビル塩酸塩(商品名:バルトレックス)。
ヘルペスにすごく良く効く。
くちびるにできたヘルペスの場合、1日2回、1回1錠だいたい5日間の服用で水ぶくれがひいてかさぶたになってくる。

でも、1錠の値段は559円だ。
それに軟膏を併せて出してもらうと5gチューブは1本1758.5円(ビダラビン軟膏、商品名:アラセナ-A軟膏)となる。
窓口での支払いは3割負担だが、ざっくりと2000円ちょっと(プラス診察代などなど)と結構な支出だ。

こういった薬代を節約する方法のひとつとして、後発品(ジェネリック医薬品)を使うという手段があるが、中央社会保険医療協議会が診療所の医師に対して行なった調査によると、14.6%の医師が後発品を処方しないという結果が出ている。

後発品を処方しない理由としては様々な意見が挙げられているようだが、それはまた別の機会にお話することとして、とりあえず薬代カットへの道は険しそうである。


(日経新聞2011年9月2日、9月8日の記事より)
PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Trackback URL

Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30