忍者ブログ
HOME   »     »  心ときめきするもの―清少納言から学ぶ女性らしさ― 取材・おしごと  »  心ときめきするもの―清少納言から学ぶ女性らしさ―
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .09.26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

『心ときめきするもの。
頭洗ひ、化粧じて、香ばしうしみたる衣など着たる。
ことに見る人なき所にても、心のうちは、なほいとをかし。』



先日、日本薬史学会の講演会を聴講してきました。
そこで、「化粧品の歴史(演者:能崎章輔氏)」と題した講演の中で、上記の枕草子の一節が紹介されていて、この一節に私の心はときめきました。

有名な一節ですが、念のために現代語に訳すと、

『心がときめくもの。
それは、髪の毛を洗って、お化粧をして、良い香りのするお香を焚き染めた着物を身にまとうこと。
特に見てくれる人がいなくても、とても気持ちがいい』

といった感じです。

この文に触れて、清少納言のことをなんて可愛らしい女性なんだろう…と、きゅんとしてしまいました。

そして、現代にも、こういった身の回りのこまごまとしたこと。
たとえば、お化粧とか、おしゃれとか、良い香りのリネンウォーターを使ってお洗濯をしたりとか、そういった、ほんのちょっとしたことに、心を浮き立たせて、うれしそうに、楽しく、気持ちよく過ごすことが出来る女性っていますよね。

そんな女性って可愛らしいなぁ…と改めて思いました。
見ているだけで、ほわほわとした気持ちになりますよね。

そして、自分も、毎日の暮らしの中にたくさんちりばめられている「心ときめきするもの」を敏感に感じ取って、うきうきする気持ちを忘れずに過ごしたいなぁ…と思ったできごとでした。

PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30