忍者ブログ
HOME   »     »  医療事務さんが薬剤師からのプレッシャーを感じるとき 薬局  »  医療事務さんが薬剤師からのプレッシャーを感じるとき
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .11.18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

最近派遣でお邪魔している薬局さんに、先月から新しい医療事務さんが入社されました。

細々としたところに気配りが行き届いていて、笑顔が素敵な方です。
その方が、ほかの医療事務さんとお話をしていた「薬剤師からプレッシャーを感じるとき」が印象的だったのと、「こういうところに気をつかわせてしまうんだ・・・」と思ったことがあったので、こちらで共有を・・・。




1)入力中、背後に立たれてじっとPCを見つめられる
これは、たしかにプレッシャーですよね。
すみません。
調剤をするときに処方箋を見に行くので、ついつい入力者の背後に立つことになってしまいがちですよね。
たとえば、調剤が終わって投薬の準備が整った後に、「入力どれくらいまで進んでるかな~」といった気持ちで覗きに行く回数は減らそうと思いました。

2)入力の途中で、間違いを指摘する
1)とすこし重複しますが、後ろから眺めていて、入力ミスがあったときにその場で指摘すると、人によってはどこまで入力したのか分からなくなってしまったり・・・と、混乱してしまうこともあるようです。
入力が終わって、出力をかけるタイミングとかで言うといいのかもしれないですね。

このお話をしていた時のベテラン医療事務さんの言葉が印象的でした。

「このプレッシャーと、待合室からの患者様のプレッシャーに耐えられないで、1ヵ月くらいで辞める人多いんですよね・・・」

分かります・・・。

「PCの方を向いているときには、泣いていてもばれないから、入力しながら静かに泣いていたことが何度あるか・・・」

そ、そうだったんですか!?

なにはともあれ、話し合って協力したら解決できそうなことばかりなので、気持ちよく働けるように改善していけたらいいですよね!

PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30