忍者ブログ
HOME   »     »  カルチャー誌「SWTICH」の渋谷版を作ってみた 行ってきた  »  カルチャー誌「SWTICH」の渋谷版を作ってみた
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .09.26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

私が書くことや編集することをメインにした仕事をしようかどうか迷っていたとき、受講していたワークショップがふたつあります。

そのうちのひとつが、カルチャー誌「SWITCH」の渋谷版を作るワークショップです。
2012年の春から夏にかけて通いました。

 


編集長は「coyote」編集長の新井敏記さん。
アートディレクターは、坂川栄治さん。
チューターにSWITCHの猪野辰さん、堀井隼弥さんがついてくださり、実際に作業をするときのアドバイスをしてくださいました。
 
 
豪華ですよね。

このような出版業界の最前線でご活躍されている素晴らしい指導者のもとで、雑誌づくりの現場の生のお話を聞きながら、雑誌をつくる機会を得ることができたのは本当に幸運でした!
 
そして、なんといっても素晴らしかったのは、講師と受講生の距離が近かったこと。
講義中はもちろん、講義後もたくさんお話をするチャンスがありました。
ワークショップの最終回には、雑誌が出来上がるというのも達成感があってよかったです。

ただ、内容がものすごく実践的です。
雑誌を一冊作るんだから当たり前ですよね。
取材先のアポ取り、実際の取材(カメラマンも自分たちで用意します!)、原稿作成、レイアウト作成、校正など全部受講生でしました。

当然、ワークショップの時間内にはとてもとても作業が終わらないので、時間外の作業が膨大でした・・・。
受講期間中は、仕事帰りや土日祝日、時には会社を休んで取材に行ったり作業をしたりしました。

それでも、雑誌一冊、しかもあの「SWITCH」を作り上げることが出来た達成感はなにものにも代えがたいものがありました。


雑誌などの紙媒体を作る仕事をしたいと考えているけど、自分に向いているかどうか分からなくて迷っている人は受講をしてみると得ることが多いワークショップだと思います。

雑誌をまるまる一冊作る過程を経験するので、自分が好きな(得意な)作業がなんとなく見えてきます。

ですから、就職あるいは転職を考えているときの職種、たとえば「ライター職」「編集職」「書店営業」などをしぼりやすくなるかもしれないです。

PR

●もっとほかの薬剤師さんのブログを読みたい方はこちら→にほんブログ村 薬・薬剤師
●薬剤師さんが書いたブログを記事ごとに見ることができるサイト→薬剤師ブログタイムズ
※上記サイトのランキングに参加中です

Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
タカガキ
性別:
女性
職業:
薬剤師ライター
自己紹介:
保険調剤薬局薬剤師、医薬系広告代理店での編集、メディカルコピーライターを経てフリーランスの薬剤師ライターに。人だけではなく動物の医療の取材も行っています。著書「犬の介護に役立つ本(山と溪谷社)」。

薬剤師向け雑誌、医薬系業界紙のほか、一般の方向けの「編集会議」「Wan」「猫生活」などでもお仕事をさせて頂いています。
代理店勤務の経験を活かし、メディカル系のコピーライティングも。

お仕事のご依頼など、お気軽にお声をおかけください。
お問い合わせは、下方のメールフォームからお願いいたします。
概ね24時間以内にお返事をさせて頂いております。
薬剤師ライタータカガキへのメッセージ
ブログ内検索
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30